本文へ移動

先輩の声

製造部

こんな仕事をしています

お客様のご要望に合わせた多種多様な製品を手がける製造部に所属。
普通に生活しているとまず口に出すことのない単位、『ミクロン単位』の製品を作る仕事をしています。
製品を加工する機械の構造などは基本的に変えることができないという前提があり、尚且つ使用できる刃物の数が決まっている・軸の動きに限界がある等の制限の中、試行錯誤しながら図面上の製品を完成させることが主な仕事です。
私だけでなくアイミクロンの全製造員に言えることだと思うのですが、製品を完成させるまでの工程・管理を任されているので、モノづくりに携わっている喜びと充実感がありますね。

やりがいを感じる瞬間

仕事の内容でも触れましたが、製品完成までの全工程を行うことができる。
図面確認・工程構想・ツール選択・プログラム作成・加工機セッティング・製品検査・ 等なかなかのボリュームですが、これらを1人で行います。
大変ですが、自分の考えた製品完成までの構想が形になり、問題なく生産されるとなんとも言えない達成感がありますね(笑)
これが難しい製品になってくると色々上手くいかず悩むこともありますが、全製造員が加工機のセッティングを行えるため、皆でアイディアを出し合い完成できることもあり達成感だけでなく仲間への感謝や、自分も他のメンバーが悩んでいる時の手助けができるようになりたいという思いが浮かびます。
これだけではないですが、業務一つひとつに刺激があり、自分の成長を促してくれる毎日を振り返る時、「アイミクロンに入ってよかった」と実感します。

iMicronの良いトコロ

人と人の間に壁がなく、アットホームで風通しがよいところ。
社内の誰とでもお互いを尊重したコミュニケーションをとることができます。
また、福利厚生が充実しており、積極的に休暇を取得できるような取組みが行われているのもポイント。
私は休日、趣味のゴルフなどを楽しみ、リフレッシュしています。

出荷物流管理

こんな仕事をしています

出荷物流管理では検査・出荷準備・製品管理が主な仕事となります。
納入先で安心して製品を使用してもらうため、検査は製造部でもしっかりされていますがこちらでも念のため行うようにしています。
次に発行された注文伝票から出荷準備をするのですが、自社独自の生産管理ソフトを開発・運用し、少人数で多品種を管理できるシステムになっています。
このシステムを使用し現状納期遵守率は99.9%なのですが、ここまできたらなんとか100%にしたい!と日々頑張っています。
あとはPCを触ったことがない方でもすぐできるような簡単な入力作業などもあります。分からなくてもPCに詳しい先輩が居るのでちゃんと教えてくれます!
TOPへ戻る